TROPICAL LOVE LIGHTS。

電気グルーヴの新譜『TROPICAL LOVE』のインスト盤『TROPICAL LOVE LIGHTS』を繰り返し聴いております。
昔は「B.B.E (Bull Beam Express)」みたいな、石野卓球とピエール瀧によるナンセンスな歌詞や、
怒濤の如く畳み掛けるラップが大好きだったのですが、加齢のせいか、そういうのが全く受け付けなくなりまして…。
なので、私は普段、「湘南アシッド」や「Area Arena」といったインスト曲ばかり聴いておりまして、
なので、『TROPICAL LOVE LIGHTS』みたいなインスト盤は、私の様な奴には正直とても嬉しい企画であります。
昔、石野卓球が電気グルーヴの事を「変態ディスコバンド」と言っておりましたが、
『TROPICAL LOVE LIGHTS』を聴くと、なるほど、確かに、電気グルーヴはテクノディスコだなあと思います。
変態だけど、得意の直球をガンガン放り込んでくるって言う感じです。この緩急の付け方が、やっぱりプロだなあ…と。
『TROPICAL LOVE LIGHTS』は、とても楽しいサウンドです。オススメです。
それにしても、『LUNATIQUE』といい、『TROPICAL LOVE』といい、ここ最近の石野卓球の作曲センスは物凄いです。
いや、昔から物凄いけど、ここ最近は更に濃縮・凝縮された感じです。
あと、エンジニアの得能直也氏の音が物凄く良い!繰り返し聴いても耳が全く疲れないミックスは私の理想です。
松本靖雄氏のミックスも大好きだけど、得能直也氏のミックスも物凄く良いです。

後藤沙緒里『Secret Garden』から二週間。
ジューシィ・フルーツ「ジェニーはご機嫌ななめ」じゃないけど、思い出すと未だに、「♪ハートキュンキュン」です。
あまりに楽しいイベントだったので、後藤沙緒里関連のCDやDVD等を買い漁っております。
芸歴15年の後藤沙緒里の作品をコンプリートするのには、まだまだ時間とお金がかかりそうです。
後藤沙緒里のブログによると、もう次の『Secret Garden』を企画中だそうで、これはもう今から楽しみで仕方無いです。

過日、11月5日に開催されるジューシィ・フルーツのライブチケットを予約致しました。
ゲストに、オリジナルメンバーの柴矢俊彦、沖山優司、
そして、ジューシィ・フルーツの生みの親、近田春夫を迎えて開催されるライブ。今から楽しみで仕方無いです。

昨夜、CHOCOLATE DERRINGER『夜の魚』再発盤が完成致しました。
本日、M3準備会からM3-2017秋のサークル通行証等が届きました。
サークル通行証を見ると、「嗚呼…M3が近付いてきているんだなあ」って毎度思います。

M3-2017秋は、10月29日(日)11:00〜15:30、TRC 東京流通センターにて開催されます。
チョコレートデリンジャーのスペースは、第二展示場1F い-14bです。
当日は、『夜の魚』再発盤と、『夢の棲む街』再発盤を頒布致します。宜しくお願い致します。
スポンサーサイト

Warm Leatherette。

電気グルーヴ「ラガモン」の歌詞に「それから一週間 それから一週間」ってありますが。
一週間って早い。あっという間。
後藤沙緒里『Secret Garden』から一週間が経った。
生且つ間近で観る・聴く後藤沙緒里は本当に素敵だったなあと、反芻の日々を送っている。
ああいう浮世離れした美声とアシッドなミニマルサウンドを融合出来無いかな…。

とか思いつつ、石野卓球が監修した『Early Mute Selection "The Scientifically Tunes"』を久々に聴いた。
私は、Silicon Teens「Red River Rock」が大好きなんだけど、The Normal「Warm Leatherette」に物凄く痺れた。
ヤバイな〜、このミニマルなサウンドは!
とか思いつつ、繰り返し聴いていたら朝になっていた。
自分はまだまだだな…。そう思った次第であります。Daniel Millerって本当に凄いね!
とか思いつつ、朝っぱらから飲酒しつつ『Airyth Internet Radio Offline Ver.2.0』を聴いた次第。

EMIさんの御蔭で『夢の棲む街』再発盤に続き『夜の魚』再発盤も完成間近。
これから私は『夢の宇宙誌』の制作に専念致します。
後藤沙緒里『Secret Garden』を観た影響で、『夢の宇宙誌』のコンセプト及びテーマを大幅に変更した次第。

それにしても、後藤沙緒里という人は、ほなこつ、なんたら、別嬪なのかっ!もはや言語が錯乱する戦慄の美しさ。

Secret Garden。

ひろもりしのぶ作品に『秘密の花園』というのがありまして…私は大好きですが…これはなかなか人前では言えない内容。
んで、今日は待ちに待った後藤沙緒里『Secret Garden』を観てきました。1回目・2回目の両方です。
その名も『Secret Garden』ですからね、これもその内容をなかなか人前では言えませんが、それでも、
一言だけ書かせて頂きますと、『Secret Base』とはまた違った充実した趣きで、私は大満足!もうお腹一杯であります!
いやいや!もっともっと!おかわりしたいですね!!本当に素晴らしかった!!
それと、『Secret Base』に続いて、今回も後藤沙緒里本人から限定のスペシャルプレゼントを頂く僥倖に恵まれました。
いつもはライブやイベントには手ブラで行くのですが、今回は愛用のリュックサックを持参して本当に良かったあ。
って、どういう事?って、思われるでしょうから、ちょっとだけ書かせて頂きますと、
後藤沙緒里からのランダムな所持品検査を突破して、後藤沙緒里からのスペシャルな贈り物を頂戴しようという、
そんな趣旨趣向のコーナーがありまして、私はそれを突破した訳であります。これも家宝に致します。
こんな僥倖に恵まれていたら、その内トンデモナイ憂き目に遭いそうですが、いや、私はもう良いんです。
「人並の幸せ」なんて、とうの昔に放棄・放擲しておりますから。
「NEVER MIND THE BOLLOCK」及び「ネバー・マインド・ザ・ボロッカス」ですから。
後藤沙緒里の髪には「天使の輪」が在って、マジ美髪だなあと感心した次第であります。
ますます後藤沙緒里が好きになった晩夏の午後でした。

ジェニーはご機嫌ななめ。

先日開催されたジューシィ・フルーツのワンマンライブは観に行けなかったけど、
年内にまたジューシィ・フルーツのワンマンライブを観に行きたいし、
やっぱり私は「ジェニーはご機嫌ななめ」みたいな作品…具体的に申し上げると、
「ジェニーはご機嫌ななめ」のイントロみたいな作品を作りたいと、強く思うのであります。
更に具体的に申し上げると、BPMは速過ぎず遅過ぎずで、キック四つ打ちで、シンセピコピコで、
シンプルで可愛いリフ曲で、正にハートキュンキュンなサウンドであります。
ジューシィ・フルーツ「ジェニーはご機嫌ななめ」以前にも大好きな歌手や作品はありました。
ピンク・レディーとか、ジュリーこと沢田研二とか。「渚のシンドバッド」とか「カサブランカ・ダンディ」とか。
でも、ジューシィ・フルーツ「ジェニーはご機嫌ななめ」こそが、私の音楽的な初恋の相手であります。
だから、未だに「ジェニーはご機嫌ななめ」を聴くと、ハートキュンキュンするし、新たな発見があります。
この作品は、シンプルだけど非常に奥深くて、何万回聴いても全く飽きないです。
私は、こんな作品を作りたいです。
「あやふやアバンチュール」とか「そわそわストリート」とか「レモン好きな少女」とか、
ジューシィ・フルーツには他にも魅力的な作品がたくさんありますが…。

それと、イリアこと奥野敦子を見ると、女性は…否、男性もですが…人は年齢じゃないなあって思います。
イリアってずっと変わらないですね。キュートでセクシーで。ああいう素敵な年齢の重ね方をしたいです。

…という様な事を思いながら新譜の制作を行っております。完成はまだまだ先ですが…。

WALDORFのステンレス製のツマミが心地良い季節ですね。

いつもは週末に音楽制作を行うのだが、今日は出来無かった。
待ちに待った品々が一気に届いたので、制作意欲が散漫、きれぎれになっちまったのだ。
今日届いたのは、
遠藤ミチロウ『お母さん、いい加減あなたの顔は忘れてしまいました』
小山ゆう『チェンジ』
WALDORF『Pulse 2』
WALDORF『Blofeld』
等々。
小山ゆう『チェンジ』は昔から大好きな作品でして、数年前に処分した事を後悔ながらの再購入と相成った訳ですが、
今回の買物は、この、等々、の部分がとても重要でしてね…。
いや〜、すごく面白かった!買って良かった!!
もうね、ジューシィ・フルーツの「ジェニーはご機嫌ななめ」じゃないけど、「♪ハートキュンキュン」って感じです。

あ。
昨夜、EISENBERG Einklangが復活・復旧・復元致しました。
あまり使ってなかったソフトシンセだけど、また使える様になって良かったです。
これで今回のiMacのトラブルで喪失したソフトシンセは全て元に戻りました。
でも、サンプリングCD数点とか、他にも色々と喪失したデータはありますが…。
どんなにデータの復元方法がマニュアル化されていても、安易なOSのアップデートは慎もうと心に強く決めた夏だった。

んで。
昨夜、EMIさんとアートワークに関するメールのやり取りをして、
ああ、いつもこんな感じだったなあって、思い出しました。いつも私の我侭&神経質がEMIさんに迷惑をかけるという…。
もっと細かい事を気にしない、大らかな人間になりたいです。…もう無理だろうけど…。

M3-2017秋では、CHOCOLATE DERRINGERの『夜の魚』と『夢の棲む街』の再発盤を頒布する予定です。
歌詞カードやレーベルの装いを新たにして、もちろん、ボーナストラックを追加し、リマスタリングも施します。
宜しくお願い致します。
プロフィール

吉川孤蝶

Author:吉川孤蝶
吉川孤蝶と申します。
CHOCOLATE DERRINGER(チョコレート デリンジャー)で作詞・作曲・打ち込み等をしています。
70'sグラムロック、80'sテクノポップ、90'sエレクトロニカ、昭和の音楽、映画、漫画、文学をこよなく愛しております。
シンセピコピコドラムドカドカな踊れる躁鬱病的電子音楽を作れる様、日々精進しております。
サウンドクラウド
https://soundcloud.com/chocolate-derringer
BOOTH
https://chocoderri.booth.pm
宜しくお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR