METAFIVEと石野卓球。

私の数少ない友人知人は、独力で会社を立ち上げ社長に成り上がる、仕事を地道にやり続け役員に成り上がるといった、
いわゆる出世街道を爆走疾走しているのですが、そんな私はと言うと、
相変わらず無学無能な社畜の一匹に過ぎない日々を送っております。とほほ。
残業と休出ばかりの日々の中で、METAFIVEのワンマンライブと、石野卓球の誕生日恒例DJイベントを観てきました。
ちょっとレポート致します。

私が観に行ったのは、METAFIVE『WINTER LIVE 2016』のゼップ東京ダイバーシティ公演であります。12月3日。
この日も社畜らしく休日出勤だったのですが、たまたま仕事が無くなったので、こりゃ観に行くしかねえべえ!と思い、
チケットを急遽ゲットして、会場が在る「お台場」まで行ってきたのであります。
お台場って、あの「田舎のファミリーの休日感」が苦手なんですけどね…砂原良徳観たさに行ってきた次第であります。
近々撤去されるという実物大ガンダムを眺めつつ開演前の物販列に並びました。
METAFIVEのライブを観に行くのは今回が初めてでした。
METAFIVEファンを舐めていた訳ではないのですが、かなり時間に余裕を持って現場到着したにも関わらず、
既に百名以上による列が形成されていました。思春期にY.M.O.からカルチャーショックを受けたであろう中年多し。
快晴とは言え、冬空の下で物販開始を待つ事になりました。
当日は『B-1グランプリ』という「ご当地B級グルメのナンバーワンを決めようぜ!」という趣旨のイベントが、
ゼップ東京ダイバーシティ付近で開催されており、「B-1グランプリ公式ソング」なる曲がガンガンに流れていました。
そのあまりに直球勝負なサウンドのリピートプレイに気が狂うかと思いました。
「でも、司会者兼歌手の方々も一生懸命にやられているんだし…」と思い、「B-1グランプリ公式ソング」」を耳コピ。
そうこうしている内に物販開始。私はパンフレットを買いました。メンバーへの一問一答が楽しい一冊でした。
ほんで。
METAFIVEのライブは、「シンプル・イズ・ベスト」って言うのかなあ。非常にシンプルで楽しいひとときでした。
目当ての砂原良徳は、決して得意では無いであろうシンセベースを手弾きで頑張って弾いていました。
ピッチベンドを細かく入れていて、音色も良かったです。
私はCorneliusこと小山田圭吾も好きなのですが、この人は派手さは無いもののギターが物凄く上手いですねえ。
私のギターヒーローである橘高文彦や横関 敦やROLLYや秋間経夫とはまた違った上手さがありました。音色も良い。
あと、私は何故か幼少期から高橋幸宏の歌声が生理的に受け付けなかったのですが、生で聴いたらとても良かったです。
高橋幸宏はボーカルもドラムも素晴らしかったなあ。60代であのパワフルでリズミカルなドラミングは凄いですよ。
加えて、MCも上手いなあって思いました。さすが年長者って感じです。出過ぎず引っ込み過ぎずっていう匙加減で。
個人的にはアンコールでY.M.O.の曲をやるなら、「Cue」ではなく「君に、胸キュン。」をやって欲しかったです。
でも、とても良いライブでした。お台場まで観に行って良かったです。
左隣の若い眼鏡っ娘が、「さあ!観るぞ〜!!」っていうグングンクンクンした姿勢で、それも印象的でした。
ちと企画物っぽい印象も拭い切れないMETAFIVEですが、このまま活動を続けてくれたら嬉しいです。
「Luv U Tokio」とか「Albore」とか「Chemical」とか「Peach Pie」とかカッコイイ曲が一杯なので。

ほんで。昨夜から今朝にかけて。
恵比寿リキッドルームにて石野卓球『Nightmare After Christmas 石野卓球の地獄温泉 -Tokyo Jigolympic 49-』。
これは、石野卓球が、普段のDJイベントではプレイしない曲を中心に、夜通し、百曲位、
ガンガンにプレイする、という趣旨のイベントであります。
私はここ最近、体調が悪く、この日も朝から文字通り飲まず喰わずで仕事をして、それから会場へ向かいました。
今回は途中下車するかもなあと思いつつ。でも、いざ入場したら、何だか元気になってきまして。
前回みたいに7時半頃までやるかなって思っていたのですが、今回は5時半頃に終わりました。
しかし、内容は非常に充実しておりました。
丑三つ時。
「おどるポンポコリン」から「FLASHBACK DISCO」までの流れは凄かった!フロア盛り上がりまくり!!
私は一番乗りで入場し、DJブースの近くで観ていたのですが、
フロアでは見知らぬ者同士が輪になって踊っていたり、踊って転んで見知らぬ人に助けてもらっている人が散見。
今回は、「ラガモン」「湘南アシッド」「Baby’s on Fire」「Fallin' Down」といった電気グルーヴの曲や、
「Bruce And Rhythm」「Polynesia」「suck me disco」「Rapt In Fantasy」といった卓球のソロ曲が多かった。
あとは、岡村と卓球「come baby」もやっていましたし、電気グルーヴの新曲もやっていました。
DJとしては、石野卓球ってそんなにテクニカルではないと思うのです。エフェクトもかなり大胆にかけますしね。
でも、とにかく選曲と流れの塩梅が良い!この辺りは石野卓球の感覚と経験の賜物ですかねえ…。
とても楽しい夜でした。イロイロと勉強になりました。『地獄温泉』にはまた行きたいです。
終演後の石野卓球の汗だくの笑顔が印象的でした。あと、胸元に「レッドマン」と書かれたTシャツ姿も。
そして、もっとDJ的な感覚と手法で曲を作りたいな、と改めて思いました。
そんなこんなで、私のアイドルである石野卓球も橘高文彦も、御誕生日おめでとうございます!
まあ、橘高文彦は決して歳を取りませんがね…永遠の24歳ですから…。

『地獄温泉』の最中、いつもジャケット等を描いて下さっているEMIさんからメールが届いていたので、帰宅後に返信。
EMIさん、今年もありがとうございました!お疲れ様でした!来年も宜しくお願い致します!

今日は、石野卓球『LUNATIQUE』のリミックス盤『EUQITANUL』を繰り返し聴いて過ごしました。
どのリミックスも良かったです。

こんな調子で西暦2016年・平成二十八年も間もなく終わりそうです。
加齢のせいか、一年があっという間に終わります。時間がドンドン加速している気がします。
荒木飛呂彦『ジョジョの奇妙な冒険』第六部のラストじゃないですけどね…。
きっと来年は、もっと早いんだろうなあ…。

来年は「CHOCOLATE DERRINGER」と「心理試験」の二本立てで行きます!宜しくお願い致します。

スポンサーサイト
プロフィール

吉川孤蝶

Author:吉川孤蝶
吉川孤蝶と申します。
CHOCOLATE DERRINGER(チョコレート デリンジャー)で作詞・作曲・打ち込み等をしています。
70'sグラムロック、80'sテクノポップ、90'sエレクトロニカ、昭和の音楽、映画、漫画、文学をこよなく愛しております。
シンセピコピコドラムドカドカな踊れる躁鬱病的電子音楽を作れる様、日々精進しております。
サウンドクラウド
https://soundcloud.com/chocolate-derringer
BOOTH
https://chocoderri.booth.pm
宜しくお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR