ジェニーはご機嫌ななめ。

先日開催されたジューシィ・フルーツのワンマンライブは観に行けなかったけど、
年内にまたジューシィ・フルーツのワンマンライブを観に行きたいし、
やっぱり私は「ジェニーはご機嫌ななめ」みたいな作品…具体的に申し上げると、
「ジェニーはご機嫌ななめ」のイントロみたいな作品を作りたいと、強く思うのであります。
更に具体的に申し上げると、BPMは速過ぎず遅過ぎずで、キック四つ打ちで、シンセピコピコで、
シンプルで可愛いリフ曲で、正にハートキュンキュンなサウンドであります。
ジューシィ・フルーツ「ジェニーはご機嫌ななめ」以前にも大好きな歌手や作品はありました。
ピンク・レディーとか、ジュリーこと沢田研二とか。「渚のシンドバッド」とか「カサブランカ・ダンディ」とか。
でも、ジューシィ・フルーツ「ジェニーはご機嫌ななめ」こそが、私の音楽的な初恋の相手であります。
だから、未だに「ジェニーはご機嫌ななめ」を聴くと、ハートキュンキュンするし、新たな発見があります。
この作品は、シンプルだけど非常に奥深くて、何万回聴いても全く飽きないです。
私は、こんな作品を作りたいです。
「あやふやアバンチュール」とか「そわそわストリート」とか「レモン好きな少女」とか、
ジューシィ・フルーツには他にも魅力的な作品がたくさんありますが…。

それと、イリアこと奥野敦子を見ると、女性は…否、男性もですが…人は年齢じゃないなあって思います。
イリアってずっと変わらないですね。キュートでセクシーで。ああいう素敵な年齢の重ね方をしたいです。

…という様な事を思いながら新譜の制作を行っております。完成はまだまだ先ですが…。
スポンサーサイト

WALDORFのステンレス製のツマミが心地良い季節ですね。

いつもは週末に音楽制作を行うのだが、今日は出来無かった。
待ちに待った品々が一気に届いたので、制作意欲が散漫、きれぎれになっちまったのだ。
今日届いたのは、
遠藤ミチロウ『お母さん、いい加減あなたの顔は忘れてしまいました』
小山ゆう『チェンジ』
WALDORF『Pulse 2』
WALDORF『Blofeld』
等々。
小山ゆう『チェンジ』は昔から大好きな作品でして、数年前に処分した事を後悔ながらの再購入と相成った訳ですが、
今回の買物は、この、等々、の部分がとても重要でしてね…。
いや〜、すごく面白かった!買って良かった!!
もうね、ジューシィ・フルーツの「ジェニーはご機嫌ななめ」じゃないけど、「♪ハートキュンキュン」って感じです。

あ。
昨夜、EISENBERG Einklangが復活・復旧・復元致しました。
あまり使ってなかったソフトシンセだけど、また使える様になって良かったです。
これで今回のiMacのトラブルで喪失したソフトシンセは全て元に戻りました。
でも、サンプリングCD数点とか、他にも色々と喪失したデータはありますが…。
どんなにデータの復元方法がマニュアル化されていても、安易なOSのアップデートは慎もうと心に強く決めた夏だった。

んで。
昨夜、EMIさんとアートワークに関するメールのやり取りをして、
ああ、いつもこんな感じだったなあって、思い出しました。いつも私の我侭&神経質がEMIさんに迷惑をかけるという…。
もっと細かい事を気にしない、大らかな人間になりたいです。…もう無理だろうけど…。

M3-2017秋では、CHOCOLATE DERRINGERの『夜の魚』と『夢の棲む街』の再発盤を頒布する予定です。
歌詞カードやレーベルの装いを新たにして、もちろん、ボーナストラックを追加し、リマスタリングも施します。
宜しくお願い致します。

夏のお嬢さん。

その昔、榊原郁恵が「夏のお嬢さん」なんて歌っていましたけど…夏ですね。
本日、『Digits』というソフトシンセと、『Krush』というプラグインエフェクターが、復活・復旧・復元しました。
どちらもフリーソフトですけどね。でも、結構な良い塩梅ですよ。
結局、今回のiMacのトラブルで喪失したのは、『Einklang』というソフトシンセのみと相成りました。
EISENBERG Einklangは、あまり使わなかったけど、ルックスがなかなかキュートなソフトシンセだったなあ。残念也。

本日、『夜の魚』のリマスタリングを行いまして、「真夜中のクロール」でEinklangを使っていた事を思い出し、
結局、他のソフトシンセで代用して、「真夜中のクロール」のリミックス及びリマスタリングを行いました。
久々に聴き直したら、『夜の魚』って色んな曲が入っているなあと思いました。バラエティ豊かと言うか。
色々とやりたかった時期だったのでしょう。『夜の魚』は、EMIさんによるジャケットが秀逸なアルバムです。

その昔、『かまいたち』というパンクバンドが在りまして、私は大好きだったのですが、
先日、かまいたちは「二度目のラストライブ」を開催したそうですね。今頃知りました。
プロレスラーの引退とロックバンドの解散は信じない主義なので、いつかまたライブをやってくれると思っています。
かまいたちも大好きだったけど、かまいたちのSCEANAとKAZZYが、かまいたち解散後に結成した『幻覚アレルギー』。
この幻覚アレルギーのアルバム『JAPANESE TRASH』と『「D」のススメ』。
この2枚からは物凄い衝撃と影響を受けました。発売当時の私の「迷い」みたいなモノを一気に吹き飛ばしてくれました。
「メジャーでここまでやって良いのか!!」…マジで頭と心と体がガクガクブルブルしました。戦慄しました。
SCEANAもKAZZYも…いつかまた音楽界に復帰して欲しいです…。

昨日、EMIさんから退院の連絡が有り、ホッとしたところであります。
EMIさん、これからも宜しくお願い致しますね。本当に良かったです。

わたしは真悟。

今朝、物凄い情報を知り、私は戦慄した。己の頭の悪さに心の底から戦慄した。
それはともかく。
私が楳図かずお作品で一番好きなのは『わたしは真悟』。
冒頭、主人公の少年の父親が、リストラっていうのかな、仕事を失うんだけど、
その原因が、最先端のメカ、マシーン、テクノロジーだったんですな。
『わたしは真悟』は今から30年以上も前に描かれた作品ですが、
近頃でも、近い将来、人工知能によって人間の仕事が奪われるんじゃないかって話を聞きますね。
やっぱり、最先端のメカ、マシーン、テクノロジーっていうのは、有り難い反面、怖い部分もある。
怖い部分もあるけど、バランス良く付き合って行かないといけない部分もある。
非常に難しいところですが、PLOGUE Chipsoundsですね、これが今日、何故か復活・復旧・復元しまして。
結果オーライなんだけど、本当によく分からないですよ、昨今のメカ、マシーン、テクノロジーは。
PLOGUE ChipsoundsもYMCK Magical 8bit Plug同様、昔のピコピコシンセ音を再現したソフトシンセなので、
CHOCOLATE DERRINGERでの作曲には欠かせないソフトシンセでしてね。
まあ、とにかく良かったですよ、また使える様になって。
今日も疲れた。高校野球でも観て一杯やろう。

復活の呪文。

「初音ミクも良いけど、やっぱり蒼姫ラピスの代打にはならん!蒼姫ラピスを買い直そう!」
と思いつつも、今朝、駄目元でYAMAHAへメール問い合わせしたところ、
即座に返信をくれまして、即座に蒼姫ラピスが復活致しました。
良かったあ!本当に良かったあ!!
今回のiMacのトラブルで、蒼姫ラピスの復活・復旧・復元が一番嬉しかったです。
PLOGUE Chipsoundsは失ったけど、これでまたiMacで蒼姫ラピスが使えると思うと、
モチベーションも復活・復旧・復元してきました。

そして、EMIさんの退院が近い事を知り、ホッとしました。
良かったあ!本当に良かったあ!!
EMIさん、決して焦らず、じっくりと行きましょうね。私はずっと待ってますから…。

何だかもう一仕事終えた気分ですが、これからまた制作を進めます。

あ。久々にジューシィ・フルーツ「レモン好きな少女」を聴いたら、これが物凄く良かった!
個人的には、夏には、ジューシィ・フルーツが合うなあ。

マリアンヌ。

昔、遠藤ミチロウはヘヴィでドロドロとしたパンクサウンドに合わせて、
「嵐の晩が好きさ 怒り狂った闇が オレの道案内」なんて歌いましたが…アレはジャックスのカバーだったかな?
私はもう嵐は嫌ですね。艱難は人生の道案内になんか全くなりやしないですわ。
ただ単に嫌な思いをして、出費が嵩んだり、時間を浪費するだけでね。

私は使用歴だけが長い、パソコンの事なんて全く理解しちゃいない、正にボンクラなMacユーザーなのですが、
こういう無知な人間が、iMacなり何なりで困った時に頼るのがAppleのアドバイザーでして。彼等だけが道案内なのです。

先日、機種交換してきたiPhone7とiMacを繋げて使う為にMacOSをバージョンアップしたら、
Logicも含めてiMacの動作が若干だけど遅くなった。不安定になった。
それは、ごく僅かだったけど、DAWソフトメインで作曲する場合、その僅かな差が、後に大きな差になるのであります。
とにかく、パソコンやDAWソフトは、キビキビサクサク動いてくれないと、とてもストレスが溜まるのです。

それで、こりゃ元のOSに戻したいなあと思っていたら、AppleのHPにあったんですね、前のバージョンに戻す方法が。
早速、その記事に従って、Time Machineを使ってデータを復元していたら、何故か復元作業が途中で終了してしまい、
もう私にはどうする事も出来無くなった。あー、もう明日Appleに電話して訊いてみようと思い、その時は呑気に寝た。

しかし、こっからが大変でしてねえ。長年Macを使っていて、こんな大きなトラブルは初めてでした。
1日に6人のアドバイザーから電話でアドバイスを受けたのですが、アドバイザーも十人十色と言うか…。
ちょっと話しただけでも、
パソコンにとても詳しい感じの人もいれば、そうでもない感じの人もいたり。
言葉遣いや接客態度が素晴らしい人もいれば、そうでもない人もいたり。
先日はアドバイザーの指示を受けて色んな事をやったなあ。電源コードを抜いて15秒待ってから差し込む、とか。
何度もOSの再起動や、再インストールをしたのですが、もうそれだけで疲れてしまった。
こんな時の為に導入したTime Machineだが、3回もやってデータを復元出来無かった…。
一体何の為のTime Machineなのか!
しかし、5人目のアドバイザーの女性が素晴らしい御方で、私はこのアドバイザーに頼る事にした。仮にSさんとします。

んで、昨日の午後、約束通りにSさんが電話をかけてきてくれまして、復元作業再開。
6人目のアドバイザーからは「これはもうハードディスク等の物理的な故障かも。修理代は…」なんて言われたのですが、
Sさんのアドバイスのおかげで、iMacを修理に出さなくても済みました。良かったあ。
データの復元には、時間と手間がかかりましたし、
何と言っても、CHOCOLATE DERRINGERの開始からずっと愛用してきたVocaloid『蒼姫ラピス』と、
『夜の魚』から使い始めたソフトシンセ『Chipsounds』が使えなくなったのは、かなりのダメージですけどね…。
でも、また、iMacで作曲が出来る様になって良かったです。本当に良かったあ。

Chipsoundsは他のソフトシンセで代用するとして、蒼姫ラピスは買い直すかも。
初音ミクの「soft」や「sweet」も良いけど…でもやっぱり蒼姫ラピスのちょっとハスキーで可愛らしい声が大好きです。
私にとって唯一好きなVocaloidです、蒼姫ラピスは。

そんなこんなで、昨日は午後から深夜まで復活・復旧・復元の作業の連続で、本当に疲れた。精神的に疲れ果てた。
「iPhone5のバッテリー交換を止めて、iPhone7への機種変更にした」…たったこれだけのよくある話が…まさか!
iMacから肝心の蒼姫ラピスとChipsoundsが喪失する事になろうとは…。
まさに嵐の様な1週間でした。

こんな時、嵐は道案内にはならない。Appleのアドバイザー…その中でも特に優秀有能な御方だけが道案内人である。
ホント、Sさんっていう素晴らしいアドバイザーと出会えたのが、不幸中の幸いだったなあ。
Sさん、本当にありがとうございました。アドバイザーの鑑の様な御方でした。
でも、私のあまりのパソコン知識の無さ、つか、頭や要領の悪さに、さすがのSさんもイライラしていたと思う…。
申し訳無い!私はとにかく、パソコンをよく知らない、よく分からないまま、普段から使っているからなあ…。
でも、こんな無知な奴でも使えるのが、Macの良い所じゃないのかなあ?
ま、それはともかく、もう機種変更とかバージョンアップとか、もう懲り懲りです。もう嫌!

さて…気持ちを入れ替えて、M3-2017秋に向けて制作作業を進めます。現在、来年頒布予定の新譜も制作中であります。
ただ一点、気になるのは、EMIさんの事である。体調や体力は大丈夫なんだろうか?ううむ…。

あせってやるとろくなことないが…。

「慌てる乞食は貰いが少ない」なんて昔から言いますし、
遠藤ミチロウも「♪あせってやると〜ろくなことないが〜」と
パンクサウンドに合わせてシャウトしていた事からも分かる様に、
人生や日常生活において、焦ると決して良い結果は出ないのですな。

私は先週、大いに焦った、と言うか、迷いに迷って悪い方を選んでしまい、
その選んだ悪手が、雪だるま方式・倍々ゲームで、ドンドンガンガン悪い方向へ進行。
もうどうにもならない状態であります。

キッカケはiPhone5の不調だった。不調の原因は恐らくバッテリーの経年劣化。
たったそれだけの事が、iPhoneの機種変更をした二日後には、iMacの故障に繋がったのだ。
ほんの小さな出来事が、こんな大きな禍事になるとは…。実に恐ろしい負の連鎖である。
「もうパソコンとかスマホとか、昨今のメカ、マシーン、テクノロジーは、よくワカンナイ!怖い!!」
「もう今後は、アナログシーケンサーとか、アナログエフェクターとか、アナログ機材だけで作曲する!!」
そう強く思っている今日この頃であります。

しかしながら、iMacだけは何とかしないと。
大槻ケンヂから学んだ「森田療法」と、
杉作J太郎から学んだ「東映の三角マークの魂」と、
根本敬から学んだ「でも、やるんだよ!!」の精神で、この難局を乗り越えたいと思います。
それにしても…Appleのマニュアル通りに操作して、ドンドンガンガン症状が悪化するって一体…。

私がApple製品を長年使っているのは、多少高くても、「簡単」「便利」だからである。
パソコンや操作方法をよく分かっていなくても、これはこうかな?っていう直感で何とかなってきた。
それくらいに「簡単」「便利」だったのです。
しか〜し!昨今のApple製品には…いや…昨今のメカ、マシーン、テクノロジーには付いて行けないですわ…。
付いて行けないのは、私の加齢のせいも当然あるでしょうが。

iMacが使えないので、仕方無い、今はサブ機のMacBook Proで作詞・作曲をしております。
んが!打ち込みがスゲーやりにくい!!よくMacBook Proで『宵闇通り』を完成させたなあと思う。
早くiMacに戻りたいっす…。

あ。M3-2017秋に当選致しました。
こんな状況で頒布作品を作れるのかなあ?
まあ、とにかく、頑張ります。「でも、やるんだよ!!」の精神で。
プロフィール

吉川孤蝶

Author:吉川孤蝶
吉川孤蝶と申します。
CHOCOLATE DERRINGER(チョコレート デリンジャー)で作詞・作曲・打ち込み等をしています。
70'sグラムロック、80'sテクノポップ、90'sエレクトロニカ、昭和の音楽、映画、漫画、文学をこよなく愛しております。
シンセピコピコドラムドカドカな踊れる躁鬱病的電子音楽を作れる様、日々精進しております。
サウンドクラウド
https://soundcloud.com/chocolate-derringer
BOOTH
https://chocoderri.booth.pm
宜しくお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR