近況報告みたいなものです。

新譜『夢の宇宙誌』の制作中であります。
「畸形の天女」という新曲を収録しようと思い、休日にポチポチ打ち込んでいるのですが、
こ・れ・が!なかなか上手く行かないのであります。ううむ…。
その上、季節の変わり目のせいか、風邪をひいてしまいましてね…。
先日開催された大槻ケンヂと内田雄一郎と三柴 理のデビュー29周年ライブを観に行けなかったです。誠に残念也。

前売券を取得したのに、当日ライブを観に行けなかったのは、これで生涯4回目。
筋少で2回、特撮で1回ありました。特撮は寝坊して観に行けなかった…。起床したら21時だったのだ。間抜けである。
その事を後日、大槻ケンヂさんに話したら、じゃあ今度の特撮のライブを観に来なよって誘って下さいましてね。
オーケンって優しい人だなあ、と思いました。私の良い思い出であります。

風邪による微熱が下がらない中、三柴 理『AKEBONO』を聴き直した。
あれ?以前とは違った印象。一つひとつのフレーズが心に沁み入ってくる。
『AKEBONO』は、2分前後のコンパクトな楽曲が、一見バラバラに収録されているが、
実は全ての楽曲が有機的に繋がっているという、実に奥深いアルバムであります。
そんで、やっぱり、三柴 理は良いなあ!凄いなあ!と思った次第であります。
でも、次回作はベーゼンドルファーのみでクラシック〜近現代音楽〜自作曲をガツン!と弾き倒して頂きたいです。
そして、また音楽の友ホールでコンサートを開催して頂きたい!
個人的には三柴 理が弾くラヴェル「夜のガスパール 1.オンディーヌ」等を聴きたいです。
三柴 理によるドビュッシーとサティは聴いた事・観た事があるのですが、ラヴェルは一度も無くて…何故でしょう?

風邪ひいてボーッとしてはいられない!
一原有徳『一原有徳作品集』、増山みどり『6月の軌跡』、三浦知良『やめないよ』『とまらない』を読んで、
自らに気合いを注入しております。
それにしても、一原有徳の作品・作風って本当にスゲーな…。一体何だろう…あの独特過ぎる世界観は…。
そもそも、一原有徳の歩んだ人生が物凄い。ああいう人こそが天才、神に選ばれた芸術家なのだろう。

最後に…。
EMIさん、私はEMIさんの復帰・復活を信じております!
また一緒にCDを作りましょうね!!待ってますよ!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

吉川孤蝶

Author:吉川孤蝶
吉川孤蝶と申します。
CHOCOLATE DERRINGER(チョコレート デリンジャー)で作詞・作曲・打ち込み等をしています。
70'sグラムロック、80'sテクノポップ、90'sエレクトロニカ、昭和の音楽、映画、漫画、文学をこよなく愛しております。
シンセピコピコドラムドカドカな踊れる躁鬱病的電子音楽を作れる様、日々精進しております。
サウンドクラウド
https://soundcloud.com/chocolate-derringer
BOOTH
https://chocoderri.booth.pm
宜しくお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR