『宵闇通り』解説その3。

4曲目は「ULTRA GASH INFERNO」。
タイトルは、丸尾末広の洋書「ULTRA GASH INFERNO」から。
丸尾末広の漫画作品には歌詞や散文詩的な台詞がよく出てくるのですが、
私は歌詞を書く上でどの作詞家や詩人よりも影響を受けました。遠藤ミチロウからの影響も大ですが…。
この曲は『宵闇通り』で最速のBPM205です。時折BPM79になりますが。
ヘヴィメタルをベースに色んなジャンルを取り入れ、恋愛状態の様な躁状態と鬱状態が交互に来る様にしました。
私の歌詞に「神様」がよく出てくるのは、昔、キリスト教系の学校で聖書を勉強したせいかもしれません。
信者じゃないけど、聖書はよく読みました。

最後は「BLUE」。
タイトルは、山本直樹の漫画作品「BLUE」から。
ミニアルバムの締め、「ULTRA GASH INFERNO」の様な喧しく目まぐるしい曲の次には、
童謡や民謡の様にシンプルなメロディを淡々と繰り返すテクノ系の曲を入れたくてこの様な曲が出来ました。
私達が生きているこの世界とは違う世界…大槻ケンヂ言うところの「あっちの世界」への渇望を歌詞にしました。
現実逃避ともちょっと違うんですけどね。

『宵闇通り』を作っていた7ヶ月間はあっという間でした。
今迄作ってきたアルバムには、ボーカリストやギタリスト、ピアニストやエンジニアが参加してくれたのですが、
今作は私一人きりで全ての音を作りました。
全ての音に対し責任を持とうと思い、マスタリングも自分で行いました。
「果たして私一人きりで完成させる事が出来るのだろうか!?」と不安になったり、
7ヶ月の間には公私共に色んな事がありましたが、それでも何とか完成させる事が出来たのは、
ジャケットやサークルカットを描いてくれたEMIさんや、私の家族や数少ない友人のおかげです。
そして、私に多大な衝撃と影響を与えてくれたミュージシャンやバンドや漫画家や小説家や作品のおかげです。
この場を借りて感謝申し上げます。ありがとうございました。
『宵闇通り』を聴いて下さった方々が少しでもその歌詞や楽曲を楽しんでくれて、
「あっちの世界」へトリップしてくれたら本望です。



M3-2014春は、2014年4月27日(日)11:00〜15:30、東京流通センター(TRC)で開催されます。
チョコレート デリンジャーのスペースは、第一展示場Q-20bです。
『宵闇通り』は5曲入りCDR、200円です。
https://soundcloud.com/chocolate-derringer
宜しくお願い致します。








スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

CHOCOLATE DERRINGER

Author:CHOCOLATE DERRINGER
CHOCOLATE DERRINGERと申します。

可愛くて歪んだ電子音楽をやっています。

サウンドクラウド
https://soundcloud.com/chocolate-derringer

BOOTH
https://chocoderri.booth.pm

宜しくお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR