『夜歩く』解説その2。

『夜歩く』の収録曲について書きます。

1曲目は「ハライソ」。
タイトルは、丸尾末広の漫画作品「ハライソ」から。
私は昔の筋肉少女帯のアルバムみたいに静かでコンパクトな曲から始まるアルバムが好きでして、
『夜歩く』もそんなオープニングにしようと制作開始時から思っていました。
BPM81のスローでちょっと不気味な曲です。
イントロの英語のスピーチにはボコーダーをかけていたのですが、結局止めてエコーだけにしました。
歌詞は…やっぱり聖書の影響があるのかなあ?私はキリスト教信者ではありませんが聖書はよく読みました。

2曲目は「真琴・グッドバイ」。
タイトルは、高橋葉介の漫画作品「真琴・グッドバイ」から。
私はこの漫画が大好きでして、ああいうノホホンとした陽気な味わいを出したかったのですが、
何だかちょっと薄暗い感じの作品になってしまったです。
歌詞は山本直樹の漫画作品「BLUE」の影響がある…かな?
その昔、「チョコレート現象」という曲を作りまして、
その曲のメロディを使ったのが前作『宵闇通り』収録の「ミルクがねじを回す時」で、
その曲のギターリフを使ったのがこの「真琴・グッドバイ」でして、
つまり「ミルクがねじを回す時」と「真琴・グッドバイ」は姉妹曲になります。

3曲目は「電気蟻」。
タイトルは、丸尾末広の漫画作品「電気蟻<吾が分裂の華咲く時>」から。
最初は歌詞も楽曲も猟奇オドロで変拍子と高速ツーバスが入っていたのですが、
BPMを落としてキック四つ打ちのラブソングにしました。

4曲目は「YOUNG & FINE」。
タイトルは、山本直樹の漫画作品「YOUNG & FINE」から。
私はメジャーデビュー当時の米米クラブが大好きでして。
メンバー達はプロデューサーによるアレンジに対し不満があったみたいですが、
私は当時のシンセサイザーやサンプラーを取り入れたニューウェーヴ的なアレンジやサウンドが大好きでした。
今でも『シャリ・シャリズム』『E・B・I・S』『SINGLES』の3枚はよく聴きます。
ピコピコしたシンセサイザーとホーンサウンドを組み合わせたファンクなラブソングを作りたかったのです。

続きます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

吉川孤蝶

Author:吉川孤蝶
吉川孤蝶と申します。
「CHOCOLATE DERRINGER」「心理試験」「ミルクがねじを回す時」で作詞・作曲・打ち込み等をしています。
70'sグラムロック、80'sテクノポップ、90'sエレクトロニカ、昭和の音楽、映画、漫画、文学をこよなく愛しております。
シンセピコピコドラムドカドカな躁鬱病的電子音楽を作れる様、日々精進しております。
サウンドクラウド
https://soundcloud.com/chocolate-derringer
BOOTH
https://chocoderri.booth.pm
宜しくお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR