『夢の遠近法』解説その2。

『夢の遠近法』の収録曲について書きます。

1曲目は「ビューティフル・ドリーマー」。
タイトルは、押井 守監督作品のアニメーション映画「うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー」から。
「ビューティフル・ドリーマー」は、高橋留美子ファンにとっては賛否両論な作品かもしれませんね。
でも、私は大好きでして…。展開や台詞より全体の質感が好きです。何とも言えない80年代のテイストが在ります。
そんなテイストを思い出しつつ作ったこの曲は、アンビエント+ブレイクビーツって感じでしょうか。
でもちょっとだけ、大槻ケンヂと絶望少女達「Intro - 大槻ケンヂと絶望少女達」もイメージしました。
最初は20秒程の曲にしようと思っていたのですが、ナンダカンダで2分を超えてしまいました。
Vocaloidの蒼姫ラピスが可愛い声で囁いています。Vocaloidでは蒼姫ラピスが一番好きです。
私は、筋肉少女帯『SISTER STRAWBERRY』や、すかんち『恋のウルトラ大作戦』みたいに、
静かな曲から始まるアルバムが好きなので、この曲を1曲目にしました。

2曲目は「午前中の時間割り」。
タイトルは、ATGの映画「午前中の時間割り」から。
私は「映画秘宝」という映画雑誌を毎月読んでいるのですが、ある時、「映画秘宝」でこの映画の事を知りまして、
「ああ、これは素晴らしいタイトルだな。いつか曲を付けてみたいな」と思いました。
先に書きました様に、今回は3曲見送る事にしたのですが、その直後に書き下ろしたのがこの曲です。
この曲で私なりの「可愛いダンス・ミュージック」「可愛いミニマル・サウンド」を更に追求しようとしたのですが、
どうしてもメタル系ギターやノイズ系ギター等を入れてしまい、リズムはディスコ系やファンク系なのですが、
全体としてはナンデモアリな曲になりました。
歌詞はピュアなラブソングです。ピュア過ぎて頭がちょっとアレな感じかな…。

3曲目は「フレイクス」。
タイトルは、山本直樹の漫画作品「フレイクス」から。
昭和歌謡とメジャーデビュー当時の米米クラブの影響だと思うのですが、
私はホーンとパーカッションが入った曲が大好きでして、この曲にはホーンとパーカッションを入れました。
私がファンク系のカッティングギターを多用するのは、博多めぐみと本城聡章の影響です。
結果としてファンク系の曲になりました。サビではYMCK Magical 8bit Plugも使っています。
この曲だけベースはレイヤーしてないです。Logic Pro 9付属のシンセベースをいじって使いました。
歌詞は厭世観を盛り込んだラブソングです。この辺は遠藤ミチロウや幻覚アレルギー時代のSCEANAの影響かな…。

4曲目は「Uボート・レディ」。
タイトルは、高橋葉介の漫画作品「Uボート・レディ」から。
「私にとってのミニマル・サウンド…延々と聴いていたいコンパクトなサウンドって何かな?」と考えた時、
「それはやっぱりジューシィ・フルーツ「ジェニーはご機嫌ななめ」のイントロかな?」と思ったんですね。
「ジェニーはご機嫌ななめ」は、サビもギターソロも歌詞も歌声も最高ですが…。
でも、個人的にはこの曲はイントロが一番テンション上がりますね。今、ジューシィのライブで観ても盛り上がる。
それで、サンプリング等はしないで、
「ジェニーはご機嫌ななめ」のイントロが延々と流れる様な曲を作ろうとして出来たのが、この曲です。
ミニマル・テクノポップといった感じです。
タイトルにした高橋葉介「Uボート・レディ」も大好きな漫画でして。
黒くて小さい潜水艦が、グルグルと旋回しながら海の底へ沈んで行く感じをシンセベースで表現しました。
「『夢の遠近法』は『歪んだ下品なシンセベース』で行こう」と決めたのは、この曲がキッカケでした。

続きます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

CHOCOLATE DERRINGER

Author:CHOCOLATE DERRINGER
CHOCOLATE DERRINGERと申します。

可愛くて歪んだ電子音楽をやっています。

サウンドクラウド
https://soundcloud.com/chocolate-derringer

BOOTH
https://chocoderri.booth.pm

宜しくお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR