LUNATIQUE。

先日発売された石野卓球の6年振りのソロアルバム『LUNATIQUE』を繰り返し聴いています。
ダンスに良し、リスニングに良し、作業中に良し、の名盤です。特に「Rapt In Fantasy」がオススメです。
重心低過ぎず、適度にマイルド且つナチュラル…そんな聴き疲れしないミックスもとても良いです。
待ちに待った石野卓球の新譜だったのですが、期待以上の作品で大変喜ばしいです。
でも、「サンレコ」の石野卓球の特集記事には、恒例の石野卓球自身による全曲解説を載せて欲しかったなあ。
卓球の友人や後輩のコメントなんてマジで要らないです。
私はマセガキだったので、『LUNATIQUE』のジャケットは懐かしかったです。おほほ。

んで。
ROLLYの新譜『ROLLY’S ROCK THEATER』を聴きながらコレを書いております。
RC SUCCESSION「雨あがりの夜空に」をカバーすると知った時から一体どうなるのかとドキドキハラハラでした。
結果は、可も無く不可も無かった。というのが、正直なところですね。
さすがのROLLYも、「日本ロック界の人間国宝」忌野清志郎のカバーをするのは、相当キツかったと見える。
ROLLYのキャラクターやキャリアやサウンドを考えると、RC SUCCESSIONや忌野清志郎をカバーするなら、
「僕の好きな先生」「つ・き・あ・い・た・い」「ドカドカうるさいR&Rバンド」「Shake」…
この辺りをカバーするのがベターかなあと思うのですが、「僕の好きな先生」はロックと言うよりフォークだし、
「つ・き・あ・い・た・い」「ドカドカうるさいR&Rバンド」は80年代にリリースされた曲だし、
「Shake」はカバーのカバーになるので、どれも『ROLLY’S ROCK THEATER』のコンセプトから外れてしまう。
そうなると、知名度なんかも考えると、やはり「雨あがりの夜空に」が候補に上がるのかなあと思うけど、
ううむ…「キモちE」「ロックン・ロール・ショー」「エネルギー Oh エネルギー」辺りの方が良かった気がする。
或いは、非常にベタだけれども、「トランジスタ・ラジオ」とかね。
それくらい、「雨あがりの夜空に」をカバーするのは難しいと思います。
ハッキリ言って「雨あがりの夜空に」は、忌野清志郎にしか歌えないですよ。決してテクニカルな曲じゃ無いのですが。
でも、あの曲の独特の風味や味わいはなあ…清志郎にしか歌えないと思うなあ…。ピッチ云々とかの問題じゃなくて。
まあ、ROLLYの歌声やギターやマンドリンを聴けただけで、ファンとしては嬉しいカバーアルバムでした。
オリジナル曲「1978」も良かったし、原田真二「てぃーんず ぶるーす」の歌声の質感は、とても良かったですしね。
「サンレコ」毎年1月号恒例の企画でROLLYのプライベートスタジオを取り上げて欲しいです。

あ。来週には筋肉少女帯人間椅子のライブDVDが届くのかあ。これも楽しみだなあ。
近頃、ハードロックやヘヴィメタルは、とんと聴いてないのですが、筋肉少女帯や人間椅子は…別格ですねえ。
まあ、惰性っちゃ惰性かもしれませんが…。
んで。ネットオークションで売買されている筋肉少女帯の悪質・低質な海賊盤は許せないですね。アレはホントにダメ。

んでんで。
CHOCOLATE DERRINGERの新譜制作は順調に進んでおります。一応。
ジャケットや歌詞ページのデザインで、ちと悩んでいますが、まあ、どうにかなる、でしょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

CHOCOLATE DERRINGER

Author:CHOCOLATE DERRINGER
CHOCOLATE DERRINGERと申します。

可愛くて歪んだ電子音楽をやっています。

サウンドクラウド
https://soundcloud.com/chocolate-derringer

BOOTH
https://chocoderri.booth.pm

宜しくお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR